hodakaの居場所Xoops実験室



はらから Total:167 (167)
ツーリング Total:1 (1)
ペットたち Total:16 (16)
秘湯勝手連 Total:63 (63)
洋ラン Total:29 (29)

   データベースにある画像は 276 枚です    

最新リスト

1 番~ 10 番を表示 (全 276 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 28 »


遥かな友に

遥かな友に高ヒット
投稿者naonao さんの画像をもっと!   カテゴリーはらから    前回更新2015/11/29 18:45    
ヒット数2122  コメント数0    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
半世紀に亘る友の一人が、風の様に逝ってしまって2週間経ちました。

彼を知る誰もが、彼との思い出を語り、偲んでいます。

数年前、ポルトガルの旅から帰り「次は、アジアのポルトガル!」と、マカオに一人旅をし、
すっかり好きになって、再度!と思っていた時、彼が「僕は香港・マカオの両方がええなぁ。」と言われ、
ミニ・修学旅行を計画して欲しい、と、頼んでありました。 
忙しさに感けて、とうとう実現せずに至ってしまい、心残りでなりません。
もっと急かして、彼に音頭を取って貰っておけば、と悔やみます。

2010年にマカオ航空の「成田から直行便」が運航され、マカオは近くなりました。
行く機会があれば、彼の写真を持って一緒に旅をしたいと思っております。

夜の帳が下りたマカオの街で、彼の声が聞こえるかも知れません。
「次は何処へ行く?」

ショパンの街で

ショパンの街で高ヒット
投稿者naonao さんの画像をもっと!   カテゴリーはらから    前回更新2015/11/13 0:36    
ヒット数719  コメント数0    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
ポーランドのワルシャワ中心部から南西約8キロの所にある国際空港は、
この国を代表する作曲家の名前で「フレデリック・ショパン空港」と言われます。
ワルシャワ空港に着いた気分でいると、ショパン先生の名前があり、
ロビーにはショパンをライブで弾くピアニストがいて、
「あ?!やはり この国はショパンの愛する国。国民から愛されているショパン」と
感慨に耽るのでした。

10月中旬とは言え、緯度の高いワルシャワの街は紅葉が進み、
大きなショパン像があるワジェンキ公園も、この様に美しい秋の様相を呈していました。

歴史の宝庫

歴史の宝庫高ヒット
投稿者naonao さんの画像をもっと!   カテゴリーはらから    前回更新2015/11/2 1:56    
ヒット数644  コメント数0    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
5年に1回のショパン・コンクールが、今年10月、ショパンの生まれたポーランド・ワルシャワで
催されました。

練習を重ねた若者達の、と言うより、既に舞台で活躍しているピアニスト級の人々の競演で、
世界に冠たるコンペティションの一つと言われています。
約1ヶ月のコンクールの中で、今年はファイナルの、一段と白熱した舞台を観に行きました。

連日 夕方からの舞台故、それまでの時間は自由時間。この日は、旧市街を散策しました。
戦争の惨禍の歴史を背負い、記憶が正しければ、街の85%が破壊されたにも拘わらず、
戦後復興によって 釘1本まで元通りの街並みに見事に再建を果たしたと言われ、世界遺産に登録されています。
中世の香り漂う淡い色調は、何と美しい事でしょう!

山ガールの気分

山ガールの気分高ヒット
投稿者naonao さんの画像をもっと!   カテゴリーはらから    前回更新2015/9/28 0:02    
ヒット数4477  コメント数2    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
スイスのガイドブックは「アルプスの山」「登山電車」「絶景」「パノラマ」「山歩き」・・・と
山々の写真や説明が魅力満載でPRされ、登山愛好家でなくとも行ってみたくなる
衝動に駆られます。

優れた交通システムの国ならでは・・・ホテルでお勧めのコースと乗り物を選択し、ピラトゥス山頂に行きました。

ルツェルン(標高436m)からバスで15分クリエンス(492m)→ゴンドラで10分クリエンザーエック(1026m)→
ゴンドラで15分フレックミュンテック(1415m)→ロープウェイで5分ピラトゥス・クルム(2070m)に着きます。
即ち、ピラトゥス山頂駅の標高が2070mで、そこから歩いて山頂エーゼルが2118mでした。

360度の大パノラマを前に、その魅力のルツボに嵌りました!
これは山頂の展望台から眺めた、ルツェルンのフィアヴァルトシュテッテ湖です。

帰りは、世界一急勾配と言われる登山電車に(40分)乗ってフィアヴァルトシュテッテ湖畔の
アルプナハシュタットに降り、遊覧船でルツェルンまで約50分の船旅を楽しみました。

下山時、真っ赤な登山電車の車窓から風景を楽しむ以外に「ここは勾配〇%」という看板を見ながら
一人で感動しましたが、最も急勾配と言われる46%を見逃した事が残念でなりません!

ハイジの気分

ハイジの気分高ヒット
投稿者naonao さんの画像をもっと!   カテゴリーはらから    前回更新2015/9/19 21:49    
ヒット数5835  コメント数3    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
「アルプスの少女ハイジ」の国スイスは、山々に抱かれ、多くの登山愛好家のみならず
気軽にハイキングという感覚で山に寄り添い、山を親しみ、身近に山がある国だと感じました。

中央スイスのルツェルン湖(本ではフィアヴァルトシュテッター湖)の右岸にはリギ山(1552m)、
左岸にはピラトゥス山(2070m)が聳え、鉄道・バス・ロープウェイ・登山電車など、色々選べる
交通手段で山頂に気楽に行く事が出来ます。

8月末の眩しい日差しを感じる朝、思い立ってピラトゥス山に行くべく、ルツェルン駅前から
バスに乗り、ロープウェイに乗る事30分(こんな長いのは初めてです)この風景を360度眺め、
楽しんで頂上に着きました!

それにしても、ピラトゥス山の標高が 日本のガイドブックでは2070m、現地のそれでは2132m、
と明らかに違うのは不思議


真夏のスイス

真夏のスイス高ヒット
投稿者naonao さんの画像をもっと!   カテゴリーはらから    前回更新2015/9/5 1:08    
ヒット数1580  コメント数4    9.00009.00 (投票数 1)投票する投票する
8月末にも関わらず、到着したスイス中央部のルツェルンは、気温30℃の真夏日でした。

青天に恵まれた事は「ラッキー!」と思ったものの、強い日差しは「"日焼け止め"が必要!」と感じながら、
迂闊にも不携帯
"ルツェルン音楽祭"を聴きに行く事しか考えずに出発し、まさか日焼けの旅行になるとは・・・。

14世紀からの歴史を誇る街のシンボル、屋根付きのカペル橋も 強い日差しに眩しそうです。
しかし、関東で今夏の酷暑に耐えた後の30℃は、それ程辛くも無く、まして湿度が低いのが救われました。

方向音痴になる広場

方向音痴になる広場高ヒット
投稿者naonao さんの画像をもっと!   カテゴリーはらから    前回更新2015/8/17 0:20    
ヒット数792  コメント数0    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
「建築博物館の街」とも称されるチェコの首都プラハで、
旧市街の街並みは まさにその比喩が決して間違いでは無い、と
誰もが納得するでしょう。

ここは旧市街の中央部・旧市街広場で、ロマネスク、ゴシック、ルネッサンス、バロック、ロココ・・・と
異なる建築様式の歴史建造物に囲まれ、中央にはアール・ヌーヴォー様式のヤン・フス像が
観られます。

ここでは先ず建築群が訪れる人々の目を奪い、カメラに収める人は(私も昨年迄)
ヤン・フス像を見逃してしまう恐れがあります。
カレル大学総長でもあり、チェコ語を確立させ、国民に絶大の信頼があった、と言われる
宗教家ヤン・フス氏の存在を、改めて認識した旅になりました。

それにしても、中世からの道路は放射状に分かれ、地図を見ても迷路の如く複雑で、
この広場からカレル橋に行く時も、ルドルフィヌム(ブラームス・ホール)に行く時も、
いつも迷ってしまう私でした。

遠い世界に

遠い世界に高ヒット
投稿者naonao さんの画像をもっと!   カテゴリーはらから    前回更新2015/8/11 0:51    
ヒット数725  コメント数0    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
スマホのマジックを楽しみながら写真調整をしていると、
「果たして これは いつの時代と同じ風景だろう?」と
限り無く想像の世界を彷徨う事が出来ます。

18世紀にも、この様な馬車を交通手段として生活したでしょうし、
背景の石造りの家が 当時からあったかも知れず、
受け継がれている市井の生活が垣間見られ、
何故か違和感無く 昔の風景の様に見えるのは、
その「マジック」の世界に すっかりはまったせいかも知れません。

目に映るものは、一人一人の感性に訴えて語るもの。
新たな視点で楽しむ世界を発見し、ワクワクしているこの頃です。

スマホの仕業

スマホの仕業高ヒット
投稿者naonao さんの画像をもっと!   カテゴリーはらから    前回更新2015/7/20 20:29    
ヒット数1545  コメント数2    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
この旅は、スマホでの撮影を始めたばかりでした。

今は「取説」なる物が無い時代で、スマホも使いながら覚えるしかない、と言い聞かせ
何を・・・どうして・・・こうなった、と記憶しながら理解し、次に進む、のが順調なプロセスでしょうが
なかなか理想と現実はかけ離れ、いつの間にか、偶然「出来てしまった」結果の写真がこれです。

時は2015年5月某日 "プラハの春・音楽祭"のメイン会場の一つ、ルドルフィヌム(芸術家の家)を
正面から撮ったもので、この後 この中のドヴォルザーク・ホールでピアノ・リサイタルが催されました。

スマホを未だ使い慣れないまゝ撮り、あちこち触っている内に、これが出来上がっておりました!
ネオ・ルネッサンス様式で建築されたこの建物が、その当時 19世紀を彷彿させる、
アンティークな画面に出来上がっていて、一人ほくそ笑んでおります。



トラムの街

トラムの街高ヒット
投稿者naonao さんの画像をもっと!   カテゴリーはらから    前回更新2015/7/4 16:33    
ヒット数931  コメント数0    0.00 (投票数 0)0.00 (投票数 0)投票する投票する
プラハの街では バスよりトラム(路面電車)が目に付きます。

この街のトラムの歴史は 1875年馬車のトラムに始まり、1905年電気のトラムに変ったとの事。
日中のプラハ市内で 縦横無尽に 2?3分おきに走っており、26線 全長で560キロ、だそうです。

古い車両から モダンな新しい車両まで様々、更に 1両だったり 2両連結だったり・・・と
あちこちで目を楽しませてくれます。

旧市街を歩行中、バスとトラムが並行して走っている所で シャッターを切りました。

1925年に走り始めたバスより トラムの方が魅力的に映るのは、その昔 トラムの街で
育った所以でしょうか。

1 番~ 10 番を表示 (全 276 枚)(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 28 »



ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失