hodakaの居場所Xoops実験室

hodaぶろぐる - 奥山田温泉・満山荘(長野)

奥山田温泉・満山荘(長野)

カテゴリ : 
秘湯勝手連 »秘湯百選
執筆 : 
hodaka 2004/9/29 0:00
須坂からリンゴ畑や田に囲まれた長くて緩い登りの道を行く。山田温泉、五色温泉を抜けるようになると、いよいよ山に入ったと思う。七味温泉入口を過ぎてぐいと勾配のきつい山田牧場への道をたどる。
道路がよく整備されているので、あっという間に着いてしまった。スキー場にある温泉宿ということで、一軒宿ではない。まわりはペンションだ。秘湯という感じではないが、ここまで(標高1550M)登ってくるとそれはそれで秘湯と言って良いだろう。露天風呂から眺める北アルプスや善光寺平がいいらしいが、その日は生憎の天候でまたの機会に期待したい。 この宿の特徴は何といっても食事。食前酒に始まって、土地のもの、季節のものを工夫しながら一つ一つ温かいものを食べさせてくれる。次は何が出てくるのかとワクワクしながらの食事には、客を心から喜ばせようとの、主人の熱い気持ちが良く伝わってくる。どんな名旅館、ホテルの高級料理も及ばない超一級品のもてなしだ。 これは、筆者の勝手な解釈だが、お湯がちょっと寂しい。広さといい、湯温、湯量といい、浴槽の清潔度といい、もう少し改善して欲しい。そのハンデキャップを精一杯補おうとしているのではないかとさえ思えた。 周囲だが、牧場から笠岳経由で志賀高原熊ノ湯方面へ狭いがよく整備された道がある。6月に訪れたときは、曲がり竹の竹の子のシーズンで、新潟ナンバーの車が駐車できる路肩という路肩にびっしり。ほとんどがプロらしい。早朝にきて2,3時間でその日の収穫を終えるのだという。(地元農協が牧場はずれで入山料を徴収していた) 筆者は志賀高原一ノ瀬、高天原スキー場直行で10キロほどを収穫。天麩羅はもちろん旨いが、皮のまま焼いたのが香りも含めて一番うまかった。

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.kuri3.net/modules/hodablog/tb.php/13

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

ブログ カレンダー

« « 2018 10月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3

カテゴリ一覧

最新のエントリ

アーカイブ

(1) 2 3 »

過去ログの検索