hodaぶろぐる - テレビ

テレビ

カテゴリ : 
秘湯勝手連 »こだわりの温泉考
執筆 : 
hodaka 2004/6/2 0:00
無いのが正統派秘湯。無いからこそほんまもんの秘湯なのである。
こういった所はほとんどが自家発で、最低限の電力しか確保されてないからだ。もちろん、エアコンなどない方が温泉らしくて良い。寒けりゃお湯で、暑けりゃ清流の音で耳許涼しく時間をやり過ごすが通というもんだ。 余談だが、ランプの宿というのは演出にすぎない。今どきどんな山奥の旅館でも自家発くらいは持っている(と思う)。ただし、ランプの露天はたとえ演出でも大歓迎。幽かなランプの光りと湯煙でたちまち景色が潤む。連れ合いの上気した顔、肌の色など惚れ直すこと受けあい。もし近眼ならなお朧でいい。 次いでの正統派は、TVはあってもNHKと教育、その他1局くらいしか映らない所。しかもざらざらの映像なら言うこと無し。 一方、TVがあっても番組表のないところはサービス度で減点。まして、入湯後のけだるい状態でいるのにリモコンのないTVなど、いっそ無い方がまし。 一番興ざめはコイン式。貧乏旅行に来たのではない。 勘定場で「TVはないの?」「TVがあればいいのに」なんてクレームつけてる輩には、後ろから蹴りの一発を見舞ってやろう。 いい湯とうまい酒・飯、あとは暖かい布団があって何の不足あろう。 たとえば、乳頭温泉・鶴の湯(秋田)猿倉温泉(青森)にはTVがない。

トラックバック

トラックバックpingアドレス https://www.kuri3.net/modules/hodablog/tb.php/3

ログイン


ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失

ブログ カレンダー

« « 4220 3月 » »
27 28 29 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

カテゴリ一覧

最新のエントリ

アーカイブ

(1) 2 3 »

過去ログの検索